UPDATE 2013年9月13日

南船場500円ランチ

南船場に事務所を借りておよそ1年半。
ランチが安い店が多くて助かる。ということで500円くらいでランチが食べられるお店をまとめるからね。

いろり


定食500円。
客はおっちゃんばっかり。
食べログはこちらから 

手打ちうどん ながれ


うどんとかやくご飯またはいなり寿司のセットで450円。
食べログはこちらから 

すし処 だいみょう 南船場店



にぎり10貫550円。海鮮丼550円。(税別)
食べログはこちらから 

焼肉 盛楽


回鍋肉セット500円。他にも中華のランチセットたくさん。
食べログはこちらから 

桃太郎


お好み焼き定食はご飯と味噌汁がついて500円。
食べログはこちらから 

サイゼリヤ



ランチセット500円。
食べログはこちらから 

スイートベアカフェ



カレー(プレーン)500円。ナポリタンランチ500円。
食べログはこちらから 

アンゴン


ベトナム料理のお店。写真は空丼(鶏)500円。
ボリュームは少ないです。
食べログはこちらから 

ばーる 自惚れ


からあげ定食500円。カレーも500円。
食べログはこちらから 

ざっとこんな感じ。
2013年最初の投稿が9月でそんでもってWEBとまったく関係ないじゃんとかいうツッコミは虹の彼方へfaraway。

UPDATE 2012年12月6日

WPMLを有効化するとエラーが出る

WordPressの多言語化に便利なプラグイン「WPML」。
ウキウキでインストールしたら早速エラーが出たのでその対処法をメモ。

管理画面からプラグインを有効にすると下記のエラーが。

WPMLが正常に作動できません。インストレーションまたはサーバー設定の問題があります。
AJAX-Fehler: error [0]
URL:http://(省略)/wp-admin/admin.php?page=sitepress-multilingual-cms/menu/languages.php

おぉ。
色々調べてみると、先にインストールしていた「WordPress HTTPS」が原因の様子。
一旦 WordPress HTTPSを無効にしてからWPMLを有効化し、再度WordPress HTTPSを有効化でOK。
でも、あとあとまた問題ありそうだな。。。

UPDATE 2012年9月10日

8ミリフィルム映画のような効果[Flash/AS2]

メモメモ。
8ミリフィルム映画のようなノイズ効果をFlash上でつけます。
こういった古いフィルムのようなちらつきやざらざらしたノイズをフリッカ&グレインノイズと言うのですね。
思いっきり参考にさせていただいたサイトはこちら。
古い映画のエフェクト

ActionScript3.0で書かれていたものを2.0に書き直しています。
手を加えたのはこの点のみ。(まさかのバージョンダウン!)

プレビューイメージはこのように。

This movie requires Flash Player 9


サンプルデータのダウンロードはこちら。
filmnoise.zip

UPDATE 2012年9月6日

スマートフォンでタップ時にクラス名を要素に追加

スマホでボタンタップ時に押下した見た目に変更したいという要件に対応したときのメモ。
(意味あんのかな。。。)

  1. jQueryを使用。
  2. iPhoneとAndroidで動作確認。
  3. PC確認用にマウスオーバー時の動作も追加。
クラス名「hoge」を指定した要素をタップした際に、その要素に対してクラス名「tap」を追加します。

$(document).ready(function(){
    /* タッチの開始時のイベント */
    $('.hoge').bind('touchstart', function() {
		$(this).addClass('tap');
    });
 
    /* タッチの終了時のイベント */
    $('.hoge').bind('touchend', function() {
		$(this).removeClass('tap');
    });

    /* マウスオーバー時のイベント */
    $('.hoge').bind('mouseover', function() {
		$(this).addClass('tap');
    });
    /* マウスアウト時のイベント */
    $('.hoge').bind('mouseout', function() {
		$(this).removeClass('tap');
    });

});

UPDATE 2012年6月26日

関西在住のウェブ制作をしているフリーランスは京都芸術家国民健康保険がおすすめ

フリーランスになって悩ましいのが、保険料の高さです。
会社を辞めると、それまで会社が折半してくれていた社会保険を抜けることになり、自分で全額払うこうとになります。

年金については、国民年金に入るしか方法はありません。
健康保険についても、任意継続か国民健康保険かしか方法はないと思っていました。
だって、大体のフリーランス向けの本やサイトには、会社を辞めたら国民健康保険に切り替えましょうって書いてあったし。

結局、私の場合は任意継続を選んだのですが1年が経って国民健康保険への切り替えを考えていた頃、ネットでたまたま「京都芸術家国民健康保険」というものを見つけました。

これは、簡単にいうと京都在住の芸術家が加入できる健康保険です。

加入資格は、個人で芸術関係の仕事をしておられる本人ということ。
「京都芸術家」という名前なので、京都の伝統工芸に関係する職種限定なのかと一瞬腰がひけますが、よくよく見ると、私たちの様な京都に住んでいないWEB制作業でもOKの様で、保険料の試算をしたところ、大分安くなることがわかりました。

他にも「大阪文化芸能国民健康保険組合」や「文芸美術国民健康保険組合」なども見つけたのですが、すでに加入している方の紹介が必要など、ちょっとハードルが高く感じますし、フリーランスとして活動し始めたばかりで所得が少ない方は、「京都芸術家国民健康保険」がオススメかと。

具体的に言うと、独身の方で、経費を除いた所得が約220万以下の方は他の保険組合に加入するより安くつきます。
230万を超えてきたら他の健康保険の方がお得かもです。
結婚している方や、奥さんを専従者とされている方などではまた変わってきますので、きっちり試算してから加入先を考えてください。

↓注意点をいくつか

●申し出た職種で本当に営業しているのかをチェックされます。
所得の多い少ないは関係ないみたいです。
私の場合、クライアントへの請求書を提出させられました。
(返却不可なので注意です)

●加入資格の地域については、該当していない場合でも、問い合わせてみるといけるかもです。
京都府以外にも、大阪府、奈良県、滋賀県、兵庫県の一部はいけるみたいです。
ただ、加入申し込みなどの手続きで直接行かないとダメなことが何回かあるので、
遠くにお住まいの方はちょっと大変ですので、不備がない様、必要書 類をキッチリ揃えて行ってください。
また、保険証の受け取りも直接行かないとダメです。

●法人は加入資格がないため、個人事業から法人に変更になった時点で連絡が必要です。